【MotoGP】スズキの”伝説”シュワンツ「ビニャーレスとマルケスは、僕とレイニーのような”ライバル”になる」と語る(motorsport.com 日本版)

投稿日:

出展元:motorsport.com 日本版

1993年にスズキで500ccクラスのチャンピオンになったケビン・シュワンツは、ヤマハのマーベリック・ビニャーレスとレプソル・ホンダのマルク・マルケスがライバル関係になることを望んでおり、自身とウェイン・レイニーのライバル関係をふたりに重ね合わせている。

【写真】2013年のグッドウッドフェスティバルに、1993年のチャンピオンマシンで参加したケビン・シュワンツ

 ビニャーレスは2013年にMoto3クラスのチャンピオンを獲得。2014年にMoto2クラスの新人王を獲得し、2015年からMotoGPに復帰したスズキとともに、最高峰クラスにデビューした。昨年はイギリスGPで最高峰クラス初優勝を挙げ、ランキング4位でシーズンを終えた。

 今シーズンからヤマハに移籍したビニャーレスは、オフシーズンに行われた全テストでトップタイムをマーク。優勝の大本命として開幕戦カタールGPに臨み、見事勝利を挙げた。

 シュワンツはビニャーレスに関して、次のように語っている。

「私は、マーベリックはかなり賢いと思う。それにチームは彼に毎週、毎回こうやって言い聞かせているだろう。『このレースはチャンピオンシップを戦うレースなんだ。もし今週、我々が少し他より遅れていたとしても、無理はしなくていい。10番手のバイクを先頭に持って行こうとして、バイクを転倒させてはいけない』とね」

「彼を誰かが世話していて、彼に良き指導者がいる限り、うまくいくと思う」

 ビニャーレスは自分自身を信じていると発言しているが、たとえ技術的に最強のパッケージを持っていたとしても、タイトルの獲得は大変なチャレンジだとシュワンツは語った。

「本当に競争力があるバイクがあったとしても、ガレージの反対側には同じバイクがあるのだから、かなり厳しい戦いになる」

「安定した成績を残していかなければならないし、チャンピオンシップのことを考える視点が必要不可欠だ。もしそれを持っていなければ、それを学ばなければならない」

 

巷の話題

ブーストコミュニケーション(たった3ステップで瞬時に好感度をアップしいとも簡単に狙った女性とアフターをともにする鉄板トーク術) 楳之 和充のクレームや評判

楳之 和充の
ブーストコミュニケーション(たった3ステップで瞬時に好感度をアップしいとも簡単に狙った女性とアフターをともにする鉄板トーク術)は、
購入者からのクレームとか無いのかな?

かなり気になっているから
やってみたいんだけど
やっぱり
 ・本当に効果あるのかとか、
 ・インチキ詐欺商品ではないか
とか心配だよ。

わたしが気になっているのはコレ・・・

ネット掲示板の口コミや噂からは
それほど悪い評判やクレームの噂もなさそうだから
大丈夫かもしれないけど・・・

効果については、メールサポート付だから
思い切ってやってみようかな。

pr

-最新ニューストピック

Copyright© スポーツ紙縦読みウィークニュース , 2018 AllRights Reserved.