出場選手は全員10代!KHAOS第2回は軍司vs龍矢のライバル対決、佐野vs里見も決定(AbemaTIMES)

更新日:

出展元:AbemaTIMES

今年3月にスタートしたK-1、Krushに続く新イベントKHAOSは、実験的な大会作りで話題を呼んでいる。

第1回大会は『KHAOS ROYAL』と題し、同階級の6人の選手を集め、その対戦カードを試合前日に抽選で決まるという形式を取った。ギリギリまで相手が分からないため対策を練ることができず、選手は地力が問われる。
こうした新機軸でK-1、Krushとは違う魅力を打ち出していくKHAOS。5月13日に新宿FACEで開催される第2回大会は『KHAOS TEENS』と銘打ち、出場選手全員が10代というマッチメイクになる。
10代だけにフレッシュな選手たちのイキのいい闘いが楽しめそうだが、決してそれだけではない。現在の格闘技界は「10代=キャリアが浅い、未熟」というわけではないのだ。K-1甲子園はじめアマチュアの普及によってジュニア世代のレベルは上がる一方。“超高校級”の選手がプロでもトップクラスで活躍する例は数多い。
3月31日に行なわれた記者会見では、軍司泰斗vs龍矢、佐野天馬vs里見柚己、石塚宏人vs龍斗の3カードが発表。森坂陸、晃貴、中澤良介、瑠久が出場予定選手としてアナウンスされた。

 

巷の話題

ネタバレ記事を見つける為に
ネットで検索してみたら
実践者の体験ブログがあった★。

わたしが気になっているのはコレ・・・

『書いてある通りに正しく実践すれば効果あり?』

何でもそうだろうけど【継続する】のが大変なんだよね。

私みたいな
飽きっぽいタイプの人でもできるかな?

本当に効果がでるなら
頑張ってみたい気もするな。

pr

-最新ニューストピック

Copyright© スポーツ紙縦読みウィークニュース , 2018 AllRights Reserved.