ド派手KO連発の新星、“サンダービースト”ことスティーブ・コゾラに要注目 次戦はコナー・マクレガーの柔術コーチと対戦(AbemaTIMES)

投稿日:

出展元:AbemaTIMES

3月31日に開催された「ベラトール175」。メインカードのランペイジ・ジャクソン対キング・モーや、日本でもお馴染みのセルゲイ・ハリトーノフの鮮烈なKO勝利などがクローズアップされるのは当然だが、ライト級マッチでジェイク・ロバーツ相手に28秒TKO勝利を収めたスティーブ・コゾラという選手に今回は注目したい。

今年27歳なるコゾラ、ニックネームは「サンダービースト」。これまでMMAでの戦績は8連勝中、しかもデビュー戦のチョークでの一本勝ちを除いて残り7戦パンチでのKO勝利、うち5試合が1ラウンド、残りが2ラウンドという典型的なKOアーチストタイプの選手だが、柔術黒帯で寝技にも秀でている。今回のロバーツ戦でも、下がり気味のアッパーから畳み掛けるようなラッシュで一瞬で相手を仕留めた。
過去の試合映像を見てもとにかくパンチの破壊力が半端なく、バックブローの肘一撃で相手を沈め、一発目で相手の動き完全に止めボコボコにする派手なスタイルこれからどれだけ勝ち星を挙げ続けるか気になるところだ。

新進気鋭のファイター誕生という会場の雰囲気をさらにヒートアップさせたのは、次戦の対戦相手に、先月「ベラトール」との契約を発表したばかりのディロン・ダニスの指名したこと。ダニスといえば、コナー・マクレガーの柔術コーチとして一躍有名になった柔道黒帯、23歳と若く自身も第2のMMA団体と契約したことで一気にその名が知られるようになった注目の選手。今までの試合ではベールに包まれたままのコゾラのグラップリングテクニックもダニスとの対戦で見られるかもしれない。

 

巷の話題

いま、話題になっている・・・
ストリートダンスに関する50の疑問をギネス記録保持者を含む9人の“プロストリートダンサー”が解決!『ストリートダンスに興味を持ったら読む本』をご存知ですか?

その効果についてもですが、
伊集 武蔵さんの評判も色々と書かれてますね。

わたしが気になっているのはコレ・・・

気になる内容が『あの掲示板』でかなり流出してるみたいです。

ネタバレと口コミを読んでみると・・・
ある程度、購入前に中身がわかるっていいかも。(^^)v

文句とか批判ばかり言ってても仕方ないですよね。

ちょっと頑張ってチャレンジしてみようかしら?!

pr

-最新ニューストピック

Copyright© スポーツ紙縦読みウィークニュース , 2018 AllRights Reserved.